研ぎ澄ませて・・・

 覚和歌子さんって知ってますか?
ほら「千と千尋の神隠し」の主題歌の
「いつも何度でも」を書いた人。
その覚さんと、詩人の谷川俊太郎さんが、
三島に来てくださるんです。


こんな書き出しでブログ記事にしてくれた方がいます。
こもれびさん、ありがとうございます。

記事はこちら→伊豆こもれび茶房

覚さんと谷川さんの紹介は
当サイトでもきちんとしなくちゃいけないですね。

そして素敵な予告編。

二人の詩人の夢が、写真の一枚一枚につまっている気がする。

 そして観る者は、
観ているものや語られているものの
もっと向こうに思いを広げていくのだ。
男にも、女にも、巫女の野菜にも、
彗星にも、草原にも 思いをのせて。
そう、・・・「ヤーチャイカ、わたしはかもめ。」


記事は、こんなすばらしい言葉で
締めくくられています。


 覚さんと、谷川さんは、春のこの夜、どんな詩を読んでくださるのだろうか。

自分の命と体を研ぎ澄ませて、
二人の声を受けとめてみたい。



お二人の声を届ける機会が作れたこと
嬉しく思っています。

三島での映画公開と朗読会を
快くお引き受けくださった
覚さん、谷川さんに感謝しています。

私も
皆さんと一緒に
二人の声を受け止めたいと思います。


この記事へのコメント

つぼみ
2008年12月24日 08:14
拙い文を御紹介いただき、ありがとうございます、空音さん。
空音
2008年12月30日 16:12
こちらこそ、
記事にしていただき
ありがとうございました。

いつもながら
言葉選びが素敵です。

つぼみさんのサイトから
こちらを見に来てくださった方も
いらっしゃるようです。


コメントの返事が遅くなり
失礼しました。
PCの修理に手間取り
やっと本日復旧です。

今後とも、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック