ありがとうございました

もしこの星に生まれてきたら

ちょうど二ヶ月前…
三島市民文化会館に
谷川俊太郎さん、覚 和歌子さんをお迎えし
『ヤーチャイカ』上映と朗読会を開催させていただきました。

ご来場くださいました皆様、
開催に向けてご尽力、協力してくださった方々
本当にありがとうございました。

答えのない問いかけを胸に

半年お付き合いいただいた当ブログも
本日を持ちまして記事の更新を終了致します。
(ブログそのものは、もう少しこのままにしておきます。)

くりかえし夜は始まり夜は終わる

あまりネタばれにならぬよう、
皆さまのイメージを崩してしまわぬよう…
おしゃべりな私が
精一杯ことば少なに(笑)綴ってきました。

愛さずにいられないものを見つけて

また、どこかでご一緒する機会があるでしょうか…。

忘れてしまった自分を思い出そうとして

本当にありがとうございました。

あなたは歩き出すでしょう
もしこの星に生まれてきたら










言葉の可能性

『百聞は一見に如かず』

百聞(ひゃくぶん)は一見(いっけん)に如(し)かず

人から何度も聞くより、
一度実際に自分の目で見るほうが
確かであり、よくわかる。
《「漢書」趙充国伝から》 (大辞林)

ときに、耳は目に負けてしまいそうになるのですが
でも、負けてばかりでもないと思うのです。

言葉には限りない力がある。

私に、そう思わせてくれたのは
横浜に住む目の不自由な子どもたちでした。

以前、『心の眼で撮った写真展』を開催させてもらいました。
目の不自由な子どもたちが撮った写真が
あまりにもステキだったからです。

素晴らしい感性だと思いました。
その感性を引き出す手段として
耳・言葉は大きな働きをするのですよね。


詳しくは↓コチラでご覧ください。

子どもは天才!in伊豆



写真映画『ヤーチャイカ』は
目と耳、その両方から
皆さんの感性を刺激したのではないでしょうか。

それは決して、
耳の不足を目で補おうというものでは
なかったと思います。

言葉だけで伝えるのは本当に難しい。

でも、言葉には限りない力がある!

谷川さんも、覚さんも
「ときに苦しい」とおっしゃるけれど
言葉選びは、本当に楽しいことだと思うのです。

二人の詩人を前に、
こんなことを私が言うのもおこがましいけど(笑)。

言葉と音楽と
そして、映像と・・・

補いあったのではなく
互いに高めあった・・・

写真映画『ヤーチャイカ』
今も、その余韻を
楽しんでいただいているでしょうか…。



伊豆版ボイスキュー


「伊豆市・伊豆の国市で
 FMラジオ局を立ち上げたい」
数日前、そんな話を耳にしました。

ボイスキューの伊豆版ですね。

最初は「え~!?」と思ったのですが
考えているうちに
たくさんの可能性を感じてきました。

地方だからこそできること。
地方に住むからこそ必要な情報。

自分からつかみに行く情報ではなく
自分に向かって流されてくる情報。

都会からの受信だけでなく
都会への発信。

流れていく何気ない日常の「言葉」。
その「言葉」から生まれるもの。

今は、さまざまの可能性を信じ
応援したいと思っています。


伊豆にラジオ局。
皆さんは…どう、思われますか?


ボイスキューの番組より(2)

すみません、お待たせしました。
番組インタビュー内容の続きです。


はる
詩人になる“きっかけ”のようなものは
あったのでしょうか?

谷川俊太郎
友だちに誘われたからですね。

はる
誘われた~?えっ?
「詩人になりませんか?」みたいなことですか?

谷川
(笑)詩、書いてみたら、みたいな。
って、言うより
彼が同人雑誌を始めるんで
「お前も書けよ」みたいなことで、
それで書いてみたら
何か詩みたいなものが書けたんで…
それが きっかけですね。

はる
覚さんは…。

覚 和歌子
この世に谷川俊太郎という詩人がいたからです。
中1のときにテレビで
俊太郎さんが詩を朗読されているのを見て
「あ~、アタシこういうことやる人になろう」と
思ったんです。

谷川
そこ、ちょっと おもしろいんです。
普通、活字になった詩を読んで
みんな詩人になろうとか
詩を書こうとか、思うでしょ。
覚さんは最初から、
朗読していた姿を見て
ああいうのやろうと思ってたんだから…
最初から、もう声に出すということで
始まってるところがとてもユニークですね。

はる
詩が浮かぶときっていうのは
文字として詩が浮かぶのか
それとも先に音としての詩が浮かぶ?のでしょうか…。


(笑)新鮮な質問ですねえ。

谷川
(笑)そのへん、すごい、こう…
デリケートだから…どうなんだろうなあ。
あの…僕はパソコンで書いてるわけですから
やっぱり…まずキーで…
ディスプレイで見るわけですから、文字ですよね。
でも、文字が浮かんだ瞬間に
音が付いてるわけですよ。頭の中で。
声には出さないけれど。
1行書いてみて、
音的に、ちょっとおかしいと思ったら直す
ということはやりますね。

はる
読んでみて?

谷川
頭の中で読んでみて。

はる
ああ。はい。

谷川
それから、最初から音で遊ぶ詩っていうのは
また、それはそれで
文字よりも音で考えますよね。
語呂合わせみたいな。
覚さんは、でも…
声に出す、っていうことももちろんあるんだけど
作詞の仕事だから、ちょっと違っていて・・・



あ、でも私も、その順番でいくと…
私は一番先に、絵、というか
イメージが浮かぶんですよね。
で、そこから
言葉が聞こえてくるみたいな順番ですよね。

谷川
それもありますね。

はる
詩は、日常生活の中で自然と浮かんでくるんですか?
それとも
詩を書こうと思うと、浮かんでくるんですか?

谷川
僕は、どっちかっていうと
詩を書こうと思ってパソコンの前に座りますね。
で、ときどき、なんか普通に生活していて
ふっと、上手い言葉が浮かんでくると
ちょっと慌ててメモしたりします。
そういう方が少ないです。


はる
“好きな言葉”ってありますか?
(この質問は、事前に伝えてありました)

谷川
何回、それ質問されたかわかんないんですよね(笑)。
それで、わりと、ほんと、
まじめにこたえるとするとね、
単語としてはね
言葉っていうのは
前後の文脈で決まってくるわけだから
言えない、と……
いうふうに こたえてたんだけど、
でも、それじゃ、あんまり愛想が悪いからさ
この頃、好きな言葉は“好き”っていうのに決めました。
好きっていう言葉が好きです。
すごく肯定的でしょ?なんかね。

はる
はい。


私もね、新幹線の中で考えてきた答えを言います(笑)。
『詩なんて
  人生の上澄みに過ぎないわ』

(一同笑)

ありがとうございました。


はるさん、スタッフの皆さん
お疲れさまでした。

私も同席していましたが
終始、にこやかなインタビューでしたよ。

文章にすると
細かいニュアンスまで
届かないかも知れませんが・・・。
お許しを。









ボイスキューの番組より(1)

ボイスキュー
『キャンパスクラブ ふぃーるどパニック』

写真映画『ヤーチャイカ』の簡単な説明
谷川俊太郎さん、覚和歌子さんの
プロフィール紹介の後、
インタビューの模様が放送されました。

はる(インタビューアー)
まず、製作のきっかけは?

覚 和歌子
映画会社から、写真をコラージュした映画をとりたい。
その脚本を…と頼まれたのが始まり。
動画ではなく、写真でやりたい、と。
ならば、普通の(映画)監督では
ない方がいいのではないかという判断で
谷川俊太郎さんにお願いしたら、
快く引き受けてくれた。

でも結局、最終的編集の7割を私がやることになり、
編集が全体の色を決める、という部分が大きいので、
二人とも監督、両監督ということになりました。

はる
朗読で音声、
それは最初から決まっていたのですか?


最初から決まっていたのは
「写真を使う」ということくらいで・・・
あとは、なかなか決まらなかった(笑)。

はる
(見るまで)何故、動画でなく、写真なのか?
音声、朗読をメインにして
映像に頼らない、ということなのか?と思っていた。
実際見てみて…
音声だけでなく
動かない映像がゆっくり出てくることによって
(内容が)のみこめる…という印象を受けた。
朗読にこだわって作ったのでしょうか?


こだわっていたわけではないが
ナレーションは大事だと最初から思っていた。

谷川俊太郎
朗読というより、あれはナレーション。
台詞がいっさいないでしょ?
はじめは、台詞を書いて役者さんが読もうか
という話もあったのだけど
作ってるうちに、
これは音楽とナレーションだけでやった方がいい
ということになったんですよ。
ナレーターも、もしかしたら
外の人を使おうという話もあったんだけど
覚さんは、ずっと詩の朗読をしてる人だし、
自分の作品だから、覚さん自身がやった方がいのかな、と。


お金もなかったし(笑)。

谷川
それを言い出すときりがない(笑)。
二人とも、詩を書くという仕事・・・
普段、お金がかからないじゃないですか。
紙と鉛筆があればできちゃうでしょ?
何となくそのつもりで映画に係わったら
映画って、すごくお金がかかるの(笑)
お弁当一つでもね、いくら?って話でね(笑)。


1980円のゴム長(靴)
買おうかどうしようかって
皆で悩むんですよ~(笑)

はる
写真を見てから、
朗読をここに入れようという形で
考えたのですか?


あらすじがあって、
それを踏まえて、写真を撮って、並べてみて・・・。

谷川
場面割があって、ロケーションして、撮って…
撮りながら写真見て…
最終的には、
写真全部集めてから編集して決まった。


1万枚撮って、使っているのが千枚弱。
すごい量ですよ!

はる
・・・なんか数字がでない(笑)


あのね…。
プリントアウトした紙の厚さは電話帳2冊くらい。
1枚のA4の中に36枚くらいの小さいデータ。
その中から選んでいく、
気が遠くなるような作業!
そこで、俊太郎さんは
いなくなっちゃったんですよ~(笑)

谷川
いや(笑)
やっぱりね、編集っていうのは
一人でやらないと無理なんですよ。


よく言う~(笑)

谷川
二人でやってると衝突するわけですよ。
編集っていうのは生理的な感覚だから。
これは覚さんに任せたほうがいいと判断して
身を引いたんです(笑)。



はる
この映画を撮るにあたって
大切にしたことって、何かありますか?



音楽。

はる
音楽?


音楽は、世界観と空気感を決める大事な役割を担うので
完全にコミュニケーションできるミュージシャンとしか
できないと思っていた。
そういう意味で丸尾めぐみさんにお願いした。
これは正解でしたね。

谷川
うん。
古い友だちだものね、覚さんと丸尾さん。


古くもないんですけど(笑)
まあ、友だち、ということで
お互いにずいぶん気持ちがわかり合えたところで
音楽を付けていけた。
何度書き直してもらったかわからないけど
一つも文句言わないで・・・。


はる
従来だと、映画の挿入歌には歌詞付きが多い。
今回は、それがなかったですよね?


最初は歌詞の付いてるものもはめてみたんですよ。
でも(やってみたら)スキャットだけの方が
良かったんですよ~。
それで、スキャットだけに。
サントラには歌詞付きが収録されています。
これはこれで単体で良いんですよ。
でも、ラストの場面には歌詞のない方が・・・。

谷川
実際に付けてみないとわかんないんですよ。




映画に関するインタビューは
以上のような内容でした。
続いて、詩人としてのお二人に質問。

さて、そこからは
また明日、UPしますね~。管理人。





おやつ

再度のお知らせで申し訳ありません。

花楽響定期公演のご案内です。


2 0 0 9 年5月9日(土)

会場:下北沢 A L L E Y H A L L

開場:1 3 : 3 0  開演:1 4 : 0 0

入場料:1 0 0 0円
 
出演
覚 和歌子  メルティ  原こゆき
丘しのぶ  G U C C I   ドロシィ  K i e ☆
 
問合せ

E - M a i l
s-knj@fsinet.or.jp
または
mishimayahchaika@yahoo.co.jp

花楽響の16回目にして、10 周年記念朗読会。
10 年前、はじめて公演を行った会場
「下北沢アレイホール」で里帰り朗読会を行います。

今回も現代モノ、詩、メンバーによるオリジナルと
様々に趣向を凝らしてお送りします。

ほのぼのワクワク。
そんなイメージから「おやつ」というタイトルになりました。

毎度毎度なにが飛び出すかわからない花楽響の朗読会
お楽しみに!
(公演チラシより)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~misohito/rakkyo/lucky_img/rakkyo_16.pdf

花楽響

好きな言葉

ボイスキューの録音がまだ届かないので
記事にできずにいます。
申し訳ありません。


でも、前々記事の答えだけ先に。

「好きな言葉は?」という質問に対する
谷川俊太郎さんのこたえ。

「好き」

言葉は、前後の文脈によるから
単語で言うのは難しいけど
よく聞かれる質問なので、
最近は、そうこたえるようにしたと…。

「好きという言葉が好き」



さて、覚さんは・・・。
その質問に、こう こたえました。

「詩なんて人生の上澄みに過ぎないわ」


・・・・・・・・・。






ふぃーるどパニック

放送決定!


FMみしま・かんなみボイスキュー

日曜日(26日)午後3時から。

キャンパスクラブ
ふぃーるどパニックという番組内で
谷川俊太郎さん、覚和歌子さんの
インタビューが放送されます。

聴いていただける範囲はたいへん狭いですが…
可能な方は、ぜひ。

聴けない方のために、内容はこちらに
後日UPさせていただきます。






詩なんて人生の○○に過ぎないわ

谷川さんと覚さんに
ボイスキューで番組を作っている大学生が
インタビューしました。

その模様が日曜日の午後3時からの番組で
流れる予定です。

たぶん26日。
編集が間に合わなければ5月3日。
中止の場合もあるので
正式決定後、再度、書きますね。

インタビューの中で・・・
「好きな言葉は?」という質問があります。


谷川さんは「●●」
覚さんは
「詩なんて人生の○○に過ぎないわ」と
お答えになりました。

ムフフw

答えは、放送後(聞けない方が多いと思うので)
お教えしますね~~~。

FMみしまかんなみボイスキュー

キャンパスクラブ
ふぃーるどパニック



間違いを改むるに憚ることなかれ

すみません。
戻ってきました(笑)。

「おいおい!
 いくらなんでも、公演翌日に終わりはないだろう!」
「なんで?
 後日談とか、感想とかないの?」

おっしゃる通りです。

終わりにしよう、と思うだけの理由があったのですが
それを改めようと思うだけの理由も
あったわけで・・・。

身勝手な行動をお許しくださいm(_ _)m









0

満員御礼

三島公演、無事に終了致しました。

おいでくださった皆様、
応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

おかげさまで、チケット完売!

映画、お二人の朗読、
映画製作の裏話、そしてサイン会…
谷川・覚ファンには
夢のような一夜だったと思います。

特に…
「生声で」という客席からのリクエストで
マイクを離されたお二人の声が
会場中に響き伝わったのは感動的でした。

もしこの星に生まれてきたら・・・

皆様との出会いに感謝しつつ
本日を持ちまして、
記事のUPを終了させていただきたい思います。

また、どこかでご一緒できますことを
心から楽しみにしています。

本当にありがとうございました。






0

ご挨拶

公演プログラムより

  ご挨拶
本日はご来場いただき
誠にありがとうございます。

 「自分の撮った映画を
 たくさんの方に観てもらいたい」
という両監督の思いと
 「谷川さん、覚さんの朗読を
  一人でも多くの方に聞いていただきたい」
という私の思いが重なり、
今夜の会が企画されました。

覚さんとは
朗読稽古集団『花楽響』を通じて旧知の仲ですが、
彼女の朗読は、私の範であり、楽しみであり、
不思議な世界への先導者でもあります。

谷川俊太郎さんとの共演舞台は、
独特の世界観が大きく広がります。

これは、ぜひ
私の地元の方々にも聞いていただきたいと
常々思っておりました。

開催実現は、この半年、
企画を聞きつけた友人知人、
強引に巻き込んだスタッフの尽力によるものです。
そして、会場に足をお運びくださった
皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

同じ星に生まれ、
同じ場所に集まり、
同じ言葉に心が動く…
それは、まさに奇跡とも言えるできごとです。
そんな奇跡の夜を、
心ゆくまでお楽しみいただければ幸いです。


             上映する会 代表







0

花楽響

今日は朝から東京に行ってきました。

道々、
ご予約の電話が何本も入ってきて
とうとう帰りには充電が切れてしまい
電話を取ることができませんでした。
お電話つながらなかった方、
申し訳ありませんでした。

『ヤーチャイカ』
☆もしこの星に生まれてきたら☆
チケットの残り11枚となりました。
(4月13日夜、現在)
ありがとうございます。


今日、東京に行ったのは
『花楽響』の稽古日だったからです。

三島公演が目の前なのに
「そんな場合か」という声も聞こえてきましたが
花楽響の公演も近いので。

・・・というわけで
今日は花楽響のお知らせをさせてください。
↓クリックね。

第16回定期公演『おやつ』

花楽響・今までの記録はこちら


たいへん お恥かしいのですが・・・
当サイト管理人も出演します。

よろしかったら・・・。



本当に?

今頃になって
そんなこと言われても
ワタシ…困るんですけど(笑)。

「このチラシ見ると
 本当に谷川俊太郎が来るみたいに
 見えるよね。」

「はっ!?」

その方は、
映画の上映&“誰かが谷川・覚作品を読む”と
思い込んでいらっしゃるようでした。

「はい。
 本当に来るんです。」

「本当に、本人が読むの?」

「はい。朗読してくださるんです。」



あのゥ・・・
もう、10日前なんですけど




谷川さんのお話・・・

ちょっと(すごく!?)失敗・・・。

谷川俊太郎さんが
石垣りんさんの追悼講演のため
南伊豆の図書館にいらっしゃる・・・。

その話を聞いたとき
「29日」と言われ
すかり「4月29日」だと思い込みました。

よく確かめもせず。

「3月29日」だったのですね~。
翌日の新聞で知りましたw

ああ~谷川さんの口から
石垣りんさんのお話、聞きたかったなあ。
ほんと、残念。



でも、『ヤーチャイカ』
三島公演なら、まだ間に合いますよ~!!

東京、千葉、埼玉からご予約くださった方もいて
なんだかそれだけで励まされてしまいます。
ありがとうございます。

さて、もうすぐです

今から、当日お客様にお配りする
プログラムの原稿チェックで~す!







残席、わずか!

おかげさまで、
春休みに入った頃から売り上げが伸び
チケットの残り枚数が少しになりました。

「当日でいい?」
「大丈夫だと思うよ」
と返事してきましたが、ちょっと自信がありません。

事前の電話1本、お願いします。

外部委託のチケット販売は
「やまがた楽器」1箇所を残し
終了とさせていただきます。

チケットご希望の方は
三島本町商店街(一番高いビルの前)にある
「やまがた楽器」さんに買いに行っていただくか
『上映する会』にお電話をお願いします。

「やまがた楽器」には、
まだ8枚ほどあるようです。


なんだか、ワクワクしてきたなあ~


同じ星の、同じ時に。

公演も近くなったので
当日のことをあれこれ考え始めました。

準備にあたり
覚和歌子さんと交わしたメールを
もう一度、確認し
この企画を考え始めたときのことを
思い出しました。

「自分の作った映画を
 多くの方に楽しんでもらいたい」
そういう覚さんの気持ちと
「覚さんの声を
 多くの人に聞いてもらいたい」
という私の気持ち。

そうして始まった三島公演。
☆もしこの星に生まれてきたら☆


この星の、三島という場所で
映画好き、音楽好き、物語好きの
多くの方々と・・・
素敵な時間を共有できたら幸いです。



FMボイスキュー

今回の公演を応援してくれている
FMボイスキュー。

今日は、お昼の番組に
私をゲストとして呼んでくださり
『ヤーチャイカ』そして谷川さん、覚さんの話を
たっぷり15分も!
しゃべらせてくれました。

BGMには、映画「ヤーチャイカ」ソングブック から
『夕焼けは星空のはじまり』を
使ってもらいました。
ヘッドホンでBGM聴きながらしゃべっていた
パーソナリティの小坂真智子さんが
本番終了後
「これだけでも、ジーンときちゃった」と
おっしゃってくださって・・・嬉しかったです。

私のしゃべり?
案内の電話番号言い忘れたり
話が前後したりしたみたいだけど…
聞いていたスタッフの評は上々だったから
お許しを~!



NHK全国学校音楽コンクール

春だ!ジャンプだ!合唱だ!

覚 和歌子さん作詞の楽曲が

NHK全国学校音楽コンクール
第76回(平成21年度)小学生の部 

課題曲となりました。

  
『ここからいちばんとおいところ』
『夢の太陽』
 
作曲:千住明

どんな曲なんでしょうね~。


意外に思われる方も
いらっしゃるかも知れませんが・・・
谷川俊太郎さんの作詞の
合唱曲もたくさんあります。

『未来』『春に』
『そのひとがうたうとき』
『魂のいちばんおいしいところ』
などなど・・・。

NHK合唱コンクール課題曲にもなっています。

平成7年度(高校の部)
『生きる』
平成16年度(中学の部)
『信じる』

覚さんが、関連番組(NHK教育テレビ)に
出演されるようです。

詳しくはNHK合唱コンクールのHPで↓

http://www.nhk.or.jp/event/oncon/



 

寄席  瀧川鯉之助

修善寺温泉与右衛門寄席



出演
    瀧川鯉之助 
     (郷土が生んだ世紀の二ツ目
           もうすぐ真打ち)


日時
    3月12日(木曜日)夕方7時より

場所
    修善寺温泉(総合会館入口)
    ゆばと豆腐の店
        与右衛門とうふ

席料
    500円(飲食別途)


ああ・・・
もっと早く皆さんにお知らせすれば
良かったなあ~。
会う人、会う人ごとに勧めてきたのに
なぜかブログUPを忘れてました~!

それにしても口コミは大事!

今夜の寄席。
私は5人で行きます。

☆もしこの星に生まれてきたら☆
こちらも口でコミュニケーション
よろしく、お願いします



《追伸》
本日、クミコさん。ニッポン放送。